bloody wings

球体関節人形スーパードルフィーを扱う個人ブログ。予告無くお人形が喋る事があります。ご注意ください。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ ボディ組立TOPお手入れ・カスタム ≫ ボディ組立

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ボディ組立

すっかりアップし忘れていたボディ組立レポです(遅)
ボディメイクレポをアップして満足していたよ…

あ、ボディメイクレポもちょぴっと追記してみました。
パステルの乗せ方あたりをちょびっと。

以下、ボディ組立レポです!!
基本的なやり方はお迎え読本を見ればわかりますが。
やってて感じた事とか、気付いた事とか。
をつらつらと書き連ねてみますよー。

今回はフルチョイスの時に長さ調整してもらったゴムをそのまま使っています。
自分でテンションゴムの調整する方には参考になりませんのであしからず。

バラバラ画像満載、ぷらす、SD13少年ボディの局部を隠してない画像満載なので畳みます↓

ボディ組立①

まずはこの状態から。
KIPSとワッシャの位置関係とか、間違えないように。
お迎え読本に載ってる位置関係にはKIPSは含まれていないので、分解する時にきちんと覚えておきましょうね。

ボディ組立②

お迎え読本を見ながら、ゴムを通していきます。
首からボディに通すゴムは、お迎え読本で見るほど長くありません。
なので、下半身パーツにゴムを通す段階でいきなり手間取った(笑)
先に右を通したわけですが、次に左を通す時に右が抜けそうで抜けそうで…ハラハラ。
ここは根性で何とかします(え)

ボディにゴムを通したら、脚に取り掛かります。

ここまでは机の上でやっていたのですが、こっからは机の上でやるのはムリ
ゴム引きで文字通りゴムを引っ張るので、よく滑る机の上だと、ゴムと一緒にボディも引っ張られて来るわけで。
「お前は来んなー!!」
とか口走りながら四苦八苦した結果、机の上でやろうなんてのが間違っていたのだと結論。

で、こんな事に↓

ボディ組立③

床に、ボディが傷つかないよう、タオルを敷きます。
その上にボディを乗せ、ゴムを引く時には自分の膝でボディを押さえ込む。

正しいのかどうかは知らんが、出来たんだからイイだろう。

で、脚を付ける時なんですが。
お迎え読本では、足首の球体関節から太ももまで、全部のパーツをゴム引きに通して、いっぺんにやっつけてしまえオラァ、って書いてあるんですが(注:そんな書き方はしていません)
SD13だからなのか、ロング脚だからなのかはわかりませんが、少なくとも、SD13少年ロング脚なうちの子では、全部いっぺんに、はムリ。
全部通すと、ゴム引きの頭がちゃんと出てきてくれなくて、ゴム引っかけられない状態に。

なので、とりあえず太ももだけ。
その後に、球体関節、ワッシャー、すね、の順番でゴム引きに通します。
球体関節の向きもうっかり間違えそうになるので気を付けてー。
え、私だけですか。そうですか。
丸い方がすね側だよ…平な方が足首側だよ…(こそっ)

片足を付けたらもう片足。
膝でボディを押さえるのがちょっと難しくはなりますが、根性で何とかしてください(真顔)
寧ろ誰かもっとイイ方法教えて…orz

脚を両方つけたら次は腕。

まずはボディにもう一個のゴムを通します。
先に通っているゴムの背中側を通しましょう。
で、結び目を中に押し込むわけですが、これが結構力がいる。
私は根性で押し込みましたが、胴体を組み立てる前に、上半身パーツの下から入れて、両肩から引き出した方が楽だと思われます。

ボディ組立④

で、腕を付けていくわけですが。
いくらゴムを通した段階で左右同じ長さにしておいても、片腕つけるためにゴムを引っ張ると長さはバラバラになります。
なので、左右の長さを同じにしたら、片方はかんしで止めてみる。
最初、これをせずに進め、失敗しました。
どんだけ引っ張ってもゴムが手首から出てこなかったんだYO…orz

で、かんしは一個しかなかったので、使いたい時は↑の通り、ボディメイクに使ってた筆をストッパーに。
ペンとかね。

腕には脚にはないKIPSが入っています。

ボディ組立⑥

私はこの状態から一気にゴムを引く前に、KIPSだけ、手でゴムに通してやりました。
だって破れそうで怖いんだYO。

あとは脚と同じように。
ボディを押さえ込みつつ、力づくでゴムを引っ張って組み立てていきます。

片方が終わったら、もう片方。
しっかりゴムを引っ張りながらやりましょう。

ハンドパーツまで付けたら完成!!

流石に分解より難しかったのですが、何とかなるもんです。



ところで、今回、分解、パーティングライン消し、ボディメイク、組み立て、とやったわけですが。
今までじっくり見た事のなかった螢のボディを見て、気付いた事が。

ボディ組立⑤

コイツだけ、色がちょっと濃い。

黄変、とかじゃなくて、濃い。
個体差なんですかねー。
他のパーツは同じ色なんですが、左太ももだけが若干肌色が濃い。

まあ、半ズボン履かせる予定ないし(笑)見えないところだからイイんだけど(出た、適当)
こういうこともあるんだなー、ほへー。と。

そんな新たな発見でしたとさ。おわり。

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。