bloody wings

球体関節人形スーパードルフィーを扱う個人ブログ。予告無くお人形が喋る事があります。ご注意ください。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 女の子メイクTOPお手入れ・カスタム ≫ 女の子メイク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

女の子メイク

やりたいやりたいと言っていた女の子メイク。
漸く昨日、手をつけることが出来ましたー!!

というわけで、例によって例のごとく、大して参考にもならないメイクレポ(笑)いきます。
でも今回はちょっとちゃんとメイク過程を説明するよ。
メイク途中の画像はないけどな(どーん)
そして相変わらず無駄に長いけどな。
今回は画像の枚数も無駄に多いけどな。

まあ、レポっていうより自分用メモだよね(どーん)

初心者の4回目のメイクですので、参考にはならないと思いますが。
同じような初心者さんの勇気になればと…!!

そして今回自分的にかなり上手くいったので(笑)
ちょっと見てー!!な感じなんですYO!!
ごめん!!ウザイけど許して!!(笑)


以下、生首画像満載。ご注意をー。
あ、あと、最後にボディに乗せた画像がありますが、残念ながらボディは男の子ボディです。
うちには男の子ボディしかないので。
なので、別に女装とかいうわけではないですが、そういうの苦手な方はご注意をー。

いざ!!↓


さて。
いきなりメイク途中の画像がないので、箇条書きでメイク過程メモメモ。

まずはメイク前に磨いて洗ってツヤ消しスプレー吹いときます。
前日の夜にやっとくと、メイクする気になった時に、すぐに取り掛かれるのでイイ。

・茶系のパステルを紙やすりで削り、チップに乗せて眉毛下書き
・Mr.カラーをかなり薄め、見えるか見えないかぐらいの色から眉毛筆書き
・乾いてから重ねて書いて、濃くしていく(今回は計5回ぐらい重ねた/多)
・下まつ毛も同様に
・同色でアイランを引く(なので今回かなりアイライン薄め)
・目尻のアイラインと下まつ毛の繋がりが自然になるように書き足し
・二重のラインを同色でなぞる


ここまで一色しか使ってないよ(笑)

・暗めの赤系のMr.カラーをちょっと濃いめに薄め、口角ラインを引く
・唇の縦線を、唇の中心周辺にのみ書く(口端まで書いちゃうと不自然かなーと)
・縦線は気持ち短めに。下唇の中心だけちょっと長めに
・中から外に向かって引いたあと、ちょっとだけ外から中にも(かなり短くちょちょっと)


以上で筆書き終了。
まあ、この過程を終了するまでに、何度も書いては消し、書いては消し、を繰り返したわけだが。
数時間かかった(笑)

自分的ポイント
・眉毛はちょっとづつ。左右のバランスを見ながら
・重ねて書く場合は完全に乾いてから



あ、ちなみに今回、眉毛だけ7番筆。
それ以外は全部1番使いましたよー。


で、筆書き終了の段階がこちら↓

157_5773.jpg

蛍光灯下での画像なので、ちょっと色味がアレですが。

こっから怒涛のパステル攻め。

今回、パステルを乗せるのに、コットンを使いました。
結果、今まで筆でやってたのって何だったの…?と思うほど、やりやすかった(笑)

ただ、ちょっとの粉でもがっつり色が乗るので注意。
でも乗りすぎても水つけたティッシュで拭けば簡単に落ちるからね。
コットン楽だよ。コットン。

この段階で、一旦スプレー吹いたほうが良し。
今回はめんどくさがってスプレー吹かず、失敗しました(あぼん)


157_5773,2

・黒で囲っている部分に、明るめの茶系(オレンジ系)を広めに乗せる
・赤で囲っている部分に、それより暗めの茶系を重ねる


ここはコットンで乗せると楽ですYO!!(笑)

これは好みの問題だと思うので、やらなくてもイイような。
私は必ずやりますが。
特におでこは広めに入れます。

157_5773,3

あ、この画像は単に筆書き終了段階の画像を加工してるだけなので、前述の範囲にパステルが乗っているわけではありません(笑)
過程の画像は今回もまるっきり撮ってないんだよ…orz

・前述と同様、黒い範囲には明るい茶系、赤い範囲には暗めの茶系

ここはアイシャドーチップで乗せて、コットンで擦ってぼかす。
色が濃すぎたり、変な所についちゃったら、ティッシュを濡らして拭きとる!!

簡単に落ちるから、パステルって楽。
ムラになる時もあるけどな…


157_5773,4

・黒い範囲(チークと、顎部分)にピンクを乗せる
・赤い範囲(唇と、目の粘膜部分)には赤を乗せる


チークと顎にはコットンでオン。
唇と粘膜はチップでオン。

唇に赤い色を重ねた後は、色のついてないチップか麺棒でちょっと擦ってぼかします。

ここでも一旦スプレー。
もうちょっと唇にグラデーションつけたかったので。


157_5773,5

・黒い範囲に赤紫っぽい濃い目の赤をチップで乗せてぼかす

で、仕上げ。

・メイク保護のためツヤ消しスプレーを吹く
・唇と目元にクリヤーを乗せる
・好みによって、数回クリヤーを重ねる


今回は目元も唇もクリヤー2回重ね。
ツヤツヤ!!



結果↓

158_5833.jpg

ど  ん  !!

今回すっげー上手くいったんだYOーー!!
自己満だろうが何だろうが、自分的には 満 足 。



こっちは翌日に太陽光下で撮ったので、画像の色味が違いますが。


今回上手くいったとこ↓

158_5834.jpg

唇!!
これまで何回やっても上手くいかず、悩まされ続けた唇が漸く上手くいったYO!!

でも男の子メイクだと上手くいく気がしないんだぜ(笑)


今回失敗したとこ↓

158_5836.jpg

眉毛を書いては消し書いては消し、してたら、最初のコーティングが剥げまして。
まあ、薄め液でMr.カラーも落ちるけど、スプレーも落ちるからね。

パステルに移る時にちゃんとコーティングすれば良かったのに、めんどくさがった結果がコレだ。

眉毛の周りのコーティング剥げてる部分にパステル乗ってない…orz

スプレーはめんどくさがらずにちゃんと吹きましょう(教訓)


他、細部↓

158_5837.jpg

下まつ毛。
画像で見ると何となくキレイに見えるけど、実物は汚いよ(笑)

眉毛は絵具の色が薄すぎたのか、殆ど線が見えません。
もうちょっと濃くても良かったかなー…



以下、眉毛を貼ってアイを嵌め、ボディ(ただし男の子ボディ)に乗せて撮影してみた↓

158_5847.jpg

個人的には、可愛く出来たと思う(真顔)

158_5808.jpg

教室Aヘッドは、いずれ男の子として我が家の一員にするつもりでいたのに…
うっかり女の子も可愛いと思ってしまった。


158_5804.jpg

ていうかメイク練習用に購入したのに、ちょっとコレ落としたくないかも…!!(悲劇)
あばばばば(´д`;


でもアレだな。

眉毛、太いな(笑)



以上、自己満足なメイクレポでしたー!!

次回は宙(ケイリン)のメイク変更レポ…になるとイイなー。

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。